Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

コーヒーを朝一に飲むと体に悪いって本当?いつ飲めばいいの?

   

朝起きて、寝覚めにコーヒーを飲む方は意外と多いものですね。

コーヒーのカフェインには覚醒作用があって、すっきりと目覚めるためにコーヒーを飲む方も多いのではないでしょうか。

しかし、コーヒーを朝一に飲むと、逆に、目覚めを阻害するという研究データもあるようですが本当なのでしょうか。

ここでは、朝起きがけにコーヒーを飲むと、体にどんな影響があるのかを調べてみました。

あわせて、コーヒーに含まれているカフェインのメリットやデメリットなども紹介いたします。

スポンサードリンク


コーヒーを朝一に飲むと体に悪いって本当?

コーヒー

コーヒーを朝一に飲むと、目覚めを阻害するという研究データがあるようです。

研究データによれば、目覚めと関係しているコルチゾールというストレスホルモンに着目して、コーヒーに含まれているカフェインがどのように影響しているのかを観察しているようです。

このコルチゾールというストレスホルモンは、朝スッキリと目覚めるためには必要なホルモンみたいなんです。

朝スッキリと起きるためには、体温をあげたり、体のエネルギーを整えていかなければなりません。

このコルチゾールというストレスホルモンは、体温を上げるために血圧をあげたり、体のエネルギーを整えるために血糖値をあげる働きがあるようです。

朝スッキリと目覚めるためには、このコルチゾールというストレスホルモンにしっかりと働いてもらわないといけないというわけなんですね。

しかし、コーヒーを朝一に飲んでしまうと、このコルチゾールというストレスホルモンの分泌を低下させてしまうらしいのです。

その結果、コルチゾールの機能がしっかりと働かないために、スッキリとした目覚めが阻害されてしまうというメカニズムなんですね。

それでは、コーヒー好きの方はいつ飲んだらいいのかということになります。

研究データによれば、コルチゾールが一番多く分泌される時間帯を避けて、9:30~11:30、13:30~17:00の間が一番良いみたいですね。

コーヒーに含まれているカフェインには、さまざまなメリットがありますので、効果的な時間帯に飲んでいきたいものですね。

それでは次に、コーヒーに含まれているカフェインのメリットやデメリットなどもみていきましょう。

スポンサードリンク


コーヒーに含まれているカフェインのメリットやデメリット

コーヒーは効果がある時間帯を意識して飲むようにすれば、コーヒーに含まれているカフェインのメリットを十分に受けることができます。

しかし、コーヒーの飲みすぎや、その時の体調によってもデメリットなども存在しますので、まとめてみました。

コーヒーに含まれているカフェインのメリット

1.覚醒作用がある。
2.利尿作用がある。
3.集中力がアップする。
4.偏頭痛を緩和する。
5.体に溜まった脂肪の分解を助ける。
6.心臓の働きを助ける。
7.筋肉疲労に効果がある。
8.脳卒中にかかりずらくなる。
9.血流を良くしてくれる。

コーヒーに含まれているカフェインのデメリット

1.朝一に飲むと目覚めが阻害される。
2.過剰摂取すると、胃痛になる方もいる。
3.過剰摂取すると、脱水症状になる。
4.過剰摂取すると、不眠症になる。

その他、高血圧の方や、妊娠中の方、乳幼児は、できるだけコーヒーは飲まないほうがいいかもしれません。

また、コーヒーの飲み過ぎは、体の中にカフェイン耐性ができて、カフェインの効果が薄れてしまいますので、適度に飲むように心掛けたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

朝スッキリと目覚めるために、朝一にコーヒーを飲む習慣をもっておられる方も多いことでしょう。

しかし、それが体の健康にとって、逆効果になるようでしたら、見直したほうがいいかもしれません。

自分の体は自分で守るしかありませんので、自分の体調に聞きながら、コーヒーを楽しんでいきたいものですね。

スポンサードリンク


 - 健康, 生活