Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

風呂場での熱中症対策!高齢者の方は特に気を付けて

   

風呂場での熱中症対策どうしてらっしゃいますか。

風呂場での事故は、高齢者の方がほとんどで、特に気を付けていきたいものですね。

ここでは、高齢者の方が風呂場で熱中症にならないための対策をいくつか紹介いたします。

まずは、高齢者の方が風呂場で熱中症になるしくみがわからないと対策も立てられませんので、熱中症になるしくみからみていきましょう。

スポンサードリンク


高齢者の方が風呂場で熱中症になるしくみとは

高齢者入浴

熱中症になるのは暑い夏ばかりと思っていませんか。

寒い冬などは特に寒暖差が激しく、お風呂に入ることによって、ヒートショックを起こしてしまうというのは、よく知られています。

特に高齢者になればなるほど、どうしても循環器や心臓に持病がある方が多くなってきます。

そうした持病がある方がお風呂に入ると、手足の皮膚の表面の血管が広がって、脳への血流が少なくなってしまいます。

脳への血流が少なくなると、血圧が急激に低下し、意識が朦朧としてきます。

お風呂の中で意識が朦朧としてくると、知らないうちに体がお風呂の熱をどんどん吸収して、熱中症を引き起こしてしまうというしくみなんです。

お風呂の中で熱中症になると、めまいをおこして、意識を失ってしまう危険性がありますので特に高齢者の方は気を付けてくださいね。

高齢者の方が風呂場で熱中症になるしくみがお分かりいただけましたので、熱中症にならないための対策法をいくつかみていきましょう。

スポンサードリンク


高齢者の方が風呂場で熱中症にならないための対策法

高齢者の方が風呂場で熱中症にならないためには、お風呂に入る前の準備が大切になってきます。

お風呂に入る前の準備として、いくつかポイントをあげますね。

1.寒暖差をなくすために、脱衣所やお風呂の室温を24~26度くらいになるようにしましょう。

脱衣所に温風機を設置したり、浴槽にお湯をはるときにお風呂のドアを開けておくだけで、ずいぶん違いますよ。

また、入浴中はお風呂の換気扇を切っておくと、暖気が逃げません。

2.お風呂のお湯の温度はあまり熱すぎないようにして、41度位を目安にしましょう。

お風呂に入る前は、かけ湯をして体を温めてから入りましょう。

かけ湯は、足元から上半身の順に行ってください。

また、お湯につかる時間は、10分以内にして、長湯はやめましょう。

お風呂からあがるときは、急に立ち上がらないで、ゆっくりとあがりましょう。

3.水分補給をしっかりとしましょう。

入浴前と入浴後には、コップ一杯の水かスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

4.入浴前には、家族の方に声掛けをしてから、入るようにしましょう。

また、一番風呂は、まだ浴室と脱衣所が温まっていないため、なるべく避けるようにしましょう。

一番風呂が体に悪いって本当?対策もご紹介!

5.アルコールを飲んだ後の入浴は危険ですので、絶対しないようにしましょう。

6.家族が多い場合には、なるべく時間を空けずに入浴しましょう。

これは、節電にもつながりますね。

まとめ

風呂場での熱中症は、命を危険にさらすことになりますので、入浴前には十分な準備が必要です。

特に高齢者の方は、循環器系や心臓に持病を持っている方が多いので、家族の方が特に気を使ってあげるようにしましょう。

風呂場で熱中症にならないためのポイントは、いかに寒暖差をなくすかにありますので、家族の方と話し合って、いろいろと工夫してみてください。

スポンサードリンク


 - 生活