Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

水出しコーヒー器具でおすすめはコレ!

      2016/12/25

水出しコーヒーが人気ですね。

水出しコーヒーは、ひいたコーヒー豆を水に浸して抽出するんですが、苦みや雑味が少なく、口当たりがまろやかで、コーヒー豆が本来持つ味や香りが堪能できるということで人気を集めているようなんです。

水出しコーヒーは自宅でも簡単に作ることができますので、コーヒー好きの方にはもってこいです。

ここでは、そんな水出しコーヒー専用の器具でおすすめの器具をいくつか紹介いたします。

スポンサードリンク


水出しコーヒー専用の器具でおすすめの器具は

水出しコーヒー

水出しコーヒーの作り方には、冷浸式とダッチ式の2通りの作り方があるんですが、簡単に説明しますね。

冷浸式とは、ひいたコーヒー豆を水に浸して抽出する方法なんですが、自宅にあるもので簡単に作ることができますので、水出しコーヒーを手軽に楽しむことができます。

一方、ダッチ式とは、ひいたコーヒー豆に水滴を落としつづけてゆっくりと抽出していく方法なんですが、水出しコーヒー専用の器具が必要になります。

それぞれにおいておすすめの器具を紹介しますね。

冷浸式でおすすめの器具

♦ハリオの水出しコーヒーポット( 1,000ml)

アイスコーヒー用のコーヒー粉と水だけで、水出しコーヒーを簡単に作ることができます。
細やかなメッシュの長いストレーナーが付いており、その中にコーヒー粉を入れて水を注ぐだけで、そのまま冷蔵庫に保存できるようになっていますので手軽ですね。

ハリオの水出しコーヒーポット( 1,000ml)はこちらから

ダッチ式でおすすめの器具

♦iwakiのウォータードリップコーヒーサーバー

水とアイスコーヒー用のコーヒー粉をセットするだけで簡単に水出しコーヒーを作ることができるダッチ式の器具です。
時間をかけてじっくりと抽出するので、コクのある澄んだ香りに仕上がります。

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバーはこちらから

♦カリタのウォータードリップムービング

家庭用としても人気が高いダッチ式の器具です。
リズミカルな水の動きを楽しむことができ、インテリアとしても最高です。

カリタのウォータードリップムービングはこちらから

スポンサードリンク


水出しコーヒの作り方

最後に水出しコーヒー(1000ml)の作り方を簡単に紹介します。

準備するもの

・コーヒー豆70~75g
コーヒー豆は「深煎り」のコーヒーを準備してください。
ひき方は、ザラメより小さくグラニュー糖より大きめにひいてください。
・天然水1000ml
・冷浸式の器具

①水出しコーヒー専用のストレーナー(こし器)にひいたコーヒー豆を入れます。

②水出しコーヒー専用のポットに天然水1000mlを注いで、あとは冷蔵庫に入れて8時間ほど寝かせたら出来上がりです。

まとめ

水出しコーヒーは、コーヒー独特のカフェインやタンニンなどの成分が溶け出しにくいので、苦みも少なくさっぱりした口当たりのコーヒーになります。

自宅で手軽に作ることができますので、コーヒーが苦手なお子さんや妊娠している方にも楽しむことができそうですね。

水出しコーヒーの器具も冷浸式の簡単な器具から、ちょっとしたインテリアにもなるダッチ式のものまでいろいろありますので、ライフスタイルに合った水出しコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


 - 生活