Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

ブロッコリーの食べ過ぎは?体臭が臭くなるって本当?

      2016/12/13

ブロッコリーはビタミンやミネラル類が豊富であり、野菜不足の方には積極的に取っていきたい野菜の一つですが、だからといって食べ過ぎるとどうなるのでしょうか。

また、ブロッコリーを食べ過ぎると体臭が臭くなるといわれていますが本当なのでしょうか。

ここでは、ブロッコリーを食べ過ぎた場合の注意点食べ過ぎると本当に体臭が臭くなるのかを調べてみました。

スポンサードリンク


ブロッコリーを食べ過ぎると体臭が臭くなるって本当?

ブロッコリー

ブロッコリーを食べ過ぎると体臭が臭くなるという根拠はどうやらブロッコリーに含まれているコリンという成分にあるようです。

コリンという成分は、循環器系や脳の機能、細胞膜の構成や補修に必要な水溶性の栄養素なんですが、取り過ぎると体内で代謝され、魚のにおいがする合成物トリメチルアミンが生成されることがあるそうなんです。

それでは、どれくらいのブロッコリーを食べ過ぎたら体臭が臭くなってしまうのでしょうか。

アメリカの統計によれば、コリンの1日の推奨摂取量は、成人男性が550mg/日、成人女性が425mg/日で、これ以上摂取すると体内で代謝されるようです。

対して、ブロッコリーに含まれるコリンの量は100gあたり19~40mgですので、コリンの1日の推奨摂取量になるためには、ブロッコリーを1kg食べないといけないということになりそうです。

結論をいいますと、1日にブロッコリーを1kgも食べる方はいないと思いますので、どうやら体臭が臭くなるという心配はなさそうですね。

その他に、ブロッコリーを食べ過ぎた場合の注意点はないのでしょうか。

スポンサードリンク


ブロッコリーを食べ過ぎた場合の注意点

ブロッコリーを食べ過ぎた場合の一番の注意点は、甲状腺機能が低下する危険性があるということではないでしょうか。

ブロッコリーには、ヨウ素の吸収を阻害する物質ゴイトロゲンという成分が含まれており、このゴイトロゲンによって、甲状腺機能低下症が引き起こされる危険性があるということなんです。

また、ブロッコリーを茹でてしまうと栄養分が減少するため、生で食べる方もいますが、ブロッコリーを生で食べると胃腸への負担も大きくなりますので、胃腸障害を起こす危険もあるようです。

まとめ

ブロッコリーはビタミンやミネラルも豊富で、美容と健康にも良いので、積極的に取っていきたい野菜の一つです。

ブロッコリーを過度に食べ過ぎなければ、体臭が臭くなるという懸念はなさそうですが、ブロッコリーの食べ過ぎは甲状腺機能の低下をまねいてしまう危険性もありますので、くれぐれも食べ過ぎには注意していきたいものですね。

スポンサードリンク


 - 健康, 生活