Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

桃の栄養って?どんな効果があるの?

      2016/12/13

桃がおいしい季節ですね。

桃は初夏から初秋にかけて市場に出回ってきますが、桃にはどんな栄養素があるのでしょうか。

ここでは、桃の栄養桃の効果などを紹介いたしますね。

まずは、桃の栄養からみていきましょう。

スポンサードリンク


桃の栄養

桃

桃は、ほとんどが水分と果糖からできていて、一見、桃には栄養素がないように思われがちですが、桃には、さまざまな栄養素が含まれています。

桃には、ビタミンEをはじめ、別名美肌ビタミンといわれるナイアシン、抗酸化作用があるカテキンやアントシアニン、高血圧予防のカリウム、整腸作用がある水溶性の食物繊維ペクチンなど豊富な栄養素が含まれています。

みなさんは桃を食べるときに皮をむいて食べてらっしゃいますか。

桃の皮には栄養素がたくさん含まれていますので、桃の皮のうぶ毛をきれいに洗い流して、皮ごと食べるほうがいいようですよ。

それでは次に、桃の栄養素の効果をみていきましょう。

スポンサードリンク


桃の栄養素の効果

桃の効果は何といっても夏バテ予防でしょう。

桃は水分と果糖が豊富に含まれていますので、熱中症予防効果も期待できます。

桃に含まれている果糖は素早くエネルギーに変換されますので、疲れた時などに効果を発揮します。

これは疲れた時はよく甘いものをとると良いということにつながるかもしれませんね。

桃に含まれているナイアシンは、別名美肌ビタミンとも呼ばれ、糖質の代謝を助けて体を元気にし、ダイエット効果も期待できます。

抗酸化作用があるカテキンやアントシアニン、ビタミンEなどは、老化を防ぎ、アンチエイジング効果があります。

桃に含まれている食物繊維は水溶性で、ペクチンと呼ばれていますが、整腸作用があり、便秘も解消してくれます。

腸が元気になれば美肌にもつながりますので、桃は美容効果も期待できそうですね。

血圧が気になるという方は、桃に含まれているカリウムが血圧を下げてくれる効果がありますので、高血圧予防にも効果が期待できます。

まとめ

桃の栄養素や桃の効果いかがでしたでしょうか。

桃には様々な栄養素が含まれており、ダイエット効果や美容効果なども期待できますので、積極的に取っていきたい果物のひとつですね。

桃1個(250g)のカロリーは約100キロカロリーあり、効果がすごいからといって、あまり食べ過ぎると肥満になってしまいますので、1日1個を目安に食べるようにして、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

スポンサードリンク


 - 健康, 美容