Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

しそジュースの効果は?作り方はとっても簡単!

      2016/12/13

夏バテ解消にしそジュースを飲まれている方が多いようです。

しそジュースの作り方はとっても簡単で、手軽に飲むことができますので、ファンも多いようですね。

そんなしそジュースの効果ってどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、しそジュースの効果しそジュースの作り方などを紹介いたします。

まずは、しそジュースの効果からみていきましょう。

スポンサードリンク


しそジュースの効果

しそジュース

しそといえば思いつくのが刺身のつまですね。

しそには、殺菌作用があって、食虫毒を防ぐ意味から刺身のつまとして使われているようなんです。

しそはもともと漢方の生薬として使われてきましたが、気の巡りを良くして、胃腸を改善する効果があるようです。

みなさんはしその葉の裏側に小さいつぶつぶがあるのをご存知でしたか。

この小さなつぶつぶには、しその有効成分が詰まっており、シソの葉を煮出してしそジュースにすることによって、その有効成分が溶け出して、さまざまな効果・効能が期待できます。

しそジュースの効果をざっと挙げれば、

・夏バテを予防し、改善してくれる。
・胃腸の調子を整え,便秘を解消してくれる。
・自律神経のバランスを整えてくれる。
・不眠を改善してくれる。
・免疫力を高めて、皮膚を丈夫にしてくれる。
・血流を改善し、冷え性を改善してくれる。
・ぜんそくやアレルギー症状を緩和してくれる。
・老化の原因である活性酸素をを除去してくれる。
・悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれる。

など、しそジュースにはさまざまな効果が期待できちゃうから驚きですね。

それでは次に、さまざまな効果が期待できるしそジュースの作り方をみていきましょう。

スポンサードリンク


しそジュースの作り方

しそジュースの作り方はとっても簡単です。

まず準備するものとして、

・赤ジソの葉350g(赤ジソも青じそも有効成分にあまり違いがありません。)
・砂糖200g(砂糖はミネラルが豊富な黒砂糖を使うといいでしょう。)
・クエン酸20g(薬局で販売しています。)
・水2リットル

①赤ジソの葉350gをきれいに洗ってください。

②鍋に水2リットル入れ、火にかけます。
沸騰したら、赤ジソの葉350gをいれてください。

③アクを取りながら、中火で15分くらい煮出してください。

④煮出し終わったら、火を止めて、赤ジソの葉を取り出します。

⑤再度、鍋に火をかけて(弱火)、砂糖200g、クエン酸20gを加えて、溶けたら出来上がりです。

出来上がったしそジュースは、冷ましてから冷蔵庫にいれて保存してください。

しそジュースの飲み方は、コップに3分の1くらい入れて、冷たい水かソーダで割って飲んでください。

1日1~2杯が目安ですが、体質に合わない方は、飲むのを控えたほうがいいでしょう。

まとめ

しそジュースの効果やしそジュースの作り方をみてきましたが、いがかでしたでしょうか。

暑い夏を乗り切るためには、やはり体力勝負になりますので、体のバランスを改善してくれるしそジュースは大変有効です。

作り方もとっても簡単ですので、しそジュース作りにチャレンジしながら、暑い夏を乗り切っていきたいものですね。

スポンサードリンク


 - 健康, 美容