Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

あずきスープの効果は?作り方はとっても簡単!

      2016/12/25

あずきは古来から漢方薬の材料として使われてきた生薬として重宝されてきましたが、あずきを使ってダイエットをする方も増えてきているようです。

食前にあずきスープを飲むというダイエット法なのですが、あずきスープにはどのような効果があるのでしょうか。

ここでは、あずきスープの効果や、あずきスープの作り方などを紹介いたしましょう。

まずは、あずきスープの効果からみていきましょう。

スポンサードリンク


あずきスープの効果

あずき

あずきといえば、あんこや赤飯を思い浮かべる方も多いと思いますが、あずきスープというダイエット法が流行しているようですね。

実はそのあずきスープにはさまざまな効果効能があるようなんです。

もともとあずきは漢方薬として用いられてきましたが、あずきには体の健康にいい成分がいっぱいあるんです。

あずきには食物繊維を始め、ポリフェノールやサボニン、カリウムなど体にいい成分が多く含まれています。

ひとつひとつあずきの成分の効果をみていきましょう。

♦食物繊維

あずきには不溶性の食物繊維が豊富で、不溶性の食物繊維は腸内で水分を含んで数十倍に膨らみ、腸壁を刺激して、便通を促す効果があります。

また、あずきから作ったあずきスープには水溶性の食物繊維が豊富に溶け出しており、水溶性の食物繊維は腸内でゲル状になり、有害物質を吸着し、体外へ排出する効果があります。

水溶性の食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなって、善玉菌を増やし、便秘を解消してくれる効果があります。

このようにあずきに含まれている食物繊維の効果によって、ダイエット効果もあるのでしょうね。

♦ポリフェノール

あずきにはポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールは、老化の元凶である活性酸素を除去する抗酸化作用をはじめ、脂肪の燃焼を促進し、血流を改善する効果があります。

♦サボニン

あずきはサボニンも豊富で、サボニンにはさまざまな効果効能が期待できます。

サボニンの効果をざっとあげれば、

 肥満を予防する。
 コレステロール値を下げる。
 血流を改善する。
 免疫力を高める。
 肝機能を高める。
 咳や痰(たん)を抑制する。

などの効果があります。

♦カリウム

あずきにはカリウムも豊富で、カリウムには体のむくみをとってくれる効果があります。

カリウムは、体内に停滞した水分を利尿作用によって排出させる効果があります。

このように、あずきスープにはさまざまな効果が期待できますが、あずきスープの作り方はとっても簡単ですので、ぜひチャレンジしてみてはいいかがでしょうか。

スポンサードリンク


あずきスープの作り方

あずきスープの作り方はとっても簡単です。

まず準備するもの(1日分)は、

・保温用のポット
・あずき50g
・コンソメ
・塩少々
・熱湯500ml

①まず保温用のポットに洗ったあずき50gとコンソメ、お好みに応じて塩少々入れてください。

②次に熱湯したお湯500mlを保温ポットの中に入れて、一晩置けば出来上がりです。

あずきの豆臭さと皮の食感が苦手という方もおられますが、コンソメを使うことによって、あずきの豆臭さも気にならなくなります。

後は、食前に1日3回、できたあずきスープを飲むだけです。

冷やして飲めば、おいしく飲めますので、ぜひ試してみてください。

残ったあずきは料理などに使えば、無駄がありません。

まとめ

あずきから作ったあずきスープにはさまざまな効果が期待できますし、ダイエットにも効果があるようです。

あずきの豆臭さが苦手という方は、コンソメなどを入れるなど一工夫すれば、美味しく飲むことができますので、いろいろと工夫してみてください。

健康の秘訣は体の中なら悪いものを出すことですので、体の中から悪いものを出してくれるあずきスープを毎日続けいていきたいものですね。

スポンサードリンク


 - 健康, 美容