Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

ハッカ油は虫除け以外にも夏の必須アイテム!

      2016/12/25

ハッカ油はよく虫除けとして重宝されていますが、虫除け以外にも夏の必須アイテムとして、さまざまな使い方ができます。

そんなハッカ油の効能・効果や虫除けスプレーの作り方、虫除け以外の使い方などを紹介いたします。

まずは、ハッカ油の効能・効果からみていきましょう。

スポンサードリンク


ハッカ油の効能・効果

ハッカ油

ハッカ油はあまり馴染みが少ないかもしれませんが、ハッカソウというミントを乾燥させて作られた植物性の油のことです。

もともと香料などに用いられ、ドラッグストアでも販売していますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ハッカ油には、ハッカの香りで虫を寄せつけないようにする虫除け効果やカビを防止する抗菌効果などがあります。

その他にも、神経を落ち着ちつかせる覚醒効果や嫌な臭いをとる消臭効果なども期待できます。

次に、ハッカ油を使った虫除けスプレーの作り方をみていきましょう。

スポンサードリンク


ハッカ油を使った虫除けスプレーの作り方

まずは、以下のものを準備してください。

・無水エタノール(10ml)
・ハッカ油(20~40滴、好みに応じて)
・精製水(90ml)
・スプレー容器(耐油性、耐アルコール性のもの)

1.スプレー容器に無水エタノール(10ml)とハッカ油(20~40滴)を入れ、よくかき混ぜてください。
2.そこに、精製水90mlを加えてよく混ぜ合わせれば出来上がりです。

ハッカ油の虫除けスプレーを使用する際の注意点を何点かあげておきます。

・使用する際は、よく振ってから使用するようにしてください。

・1週間~10日を目安に、使い切るようにしてください。

・赤ちゃんは皮膚や粘膜が弱いので使用しないでください。

ハッカ油の虫除け以外にも、さまざまな使い方がありますので、紹介いたします。

ハッカ油の虫除け以外の使い方

・お風呂やシャンプー、ボディシャンプーの中に入れる

入浴剤としてお風呂に3~4滴入れたり、シャンプーやボディシャンプーに1滴加えて洗えば、クール感が味わえて、ミントの香りでリフレッシュできます。

・デオドラントとして

無水エタノール(10ml)、ハッカ油(5滴)、精製水(90ml)を混ぜ合わせたものをデオドラントとして使います。
汗を抑えて、汗の嫌な臭いを消してくれます。

・タンスやバッグの中のカビ防止に

ハッカ油を布に少量含ませて、タンスの中やバッグの中に入れておけば、カビ防止や防虫効果になります。

・眠気覚ましや鼻詰まりに

ハッカ油を少量、こめかみに塗れば、眠気覚ましになります。
また、ハッカ油を胸や鼻に少量塗れば、鼻づまりがよくなります。

その他、夏バテ防止やお口のうがい、ペットなどの嫌な臭い取りなど、さまざまな使い方がありますので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。

ハッカ油を使ったいくつかのレシピ本もありますので、参考にしてみてください。


はっか油の愉しみ [ 前田京子 ]

まとめ

夏の必須アイテムであるハッカ油いかがでしたでしょうか。

ハッカ油は虫除け以外にも、さまざまな使い方ができて、本当に便利です。

ハッカ油の値段も手ごろですし、ちょっとした一工夫をすることによって、快適な夏を過ごすことができますので、ハッカ油を使わない手はないですね。

ハッカ油を使用する際は、ハッカ油がお肌に合うかどうか使用上の注意を確かめてから使うようにしましょう。

スポンサードリンク


 - 美容