Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

シールのベタベタを取る方法!これを使えば簡単!

      2016/12/25

シールは大変便利なもので、手軽に貼れるので、よく商品の値札にも利用されていますが、やっかいなのが剥がしづらいということですね。

シールを慎重に剥がそうとしても、剥がした後にベタベタ感が残ってしまい困った方も多いのではないでしょうか。

そこでシールを剥がした後のベタベタをご家庭にあるもので簡単に取る方法を紹介していきます。

スポンサードリンク


シールのベタベタを取る方法

シール

シールのベタベタを取る方法はいくつかありますが、いずれもご家庭にあるもので簡単に取ることができますのでぜひ試してみてください。

♦ドライヤーを使って取る。

ドライヤーを使って、シールのベタベタを温めて下さい。
温まったらお湯で濡らした布巾で拭いてください。

♦お酢を使って取る。

お酢を脱脂綿や布巾、ティッシュなどに染み込ませてください。
次にシールの上にピッタリとくっつけておいてください。
後は数分そのままにしておけば、きれいに取ることができます。
これは酢に含まれる酸が粘着部を溶かして取れやすくしてくれるからです。

♦ハンドクリームを使って取る。

ハンドクリームをシールにべたべたと塗って3分ほどそのままにしていてください。
後は、指の腹や爪でこすって洗い流せばきれいに取ることができます。

♦消しゴムでこすって取る。

シールがプラスチックや陶磁器など表面がツルツルしたものに貼られている場合は、消しゴムでこすればきれいに取ることができます。

スポンサードリンク


♦お湯につけて取る。

シールが食器などに貼られている場合は、お湯に10秒ぐらいつけておけばするっと取ることができます。

♦マニュキアを落とす除光液を使って取る。

除光液をティッシュかコットンに軽く含ませて、さっと拭くだけできれいに取ることができます。
ただし、油性の除光液ですと材質によっては腐食するかもしれませんので、水性の除光液を使ってください。

♦ジッポーオイルを使って取る。

シールにジッポーオイルを垂らして30秒ほどそのままにしていてください。
ジッポーオイルがシールのベタベタを溶かして簡単に取ることができます。
ただし、火には気をつけてください。

♦ピーナッツバターを使って取る。

シールにピーナッツバターを塗ってよく揉んでください。
シールのベタベタがやわらかくなって、きれいに取ることができます。

以上の方法でなかなかうまくいかない場合は、シール剥がしもありますので使ってみてください。

シールはがしはこちらから

まとめ

ご家庭にあるものでシールのベタベタを取る方法をみてきましたが、ポイントはベタベタしている接着剤をいかに柔らかくするかということなんです。

そのためにドライヤーやお湯を使って温めたり、お酢や除光液などで柔らかくしてあげるということなんですね。

シールを剥がした後のベタベタで困ったときには、以上の方法を試した上で、いろいろと工夫してみてください。

スポンサードリンク


 - 生活