Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

干し柿のカロリーは?栄養や効能は?

      2016/12/14

干し柿がおいしい季節になってきましたね。

干し柿はおいしいので、ついつい2個3個と食べてしまいがちですが、気になるのはカロリーです。

特にダイエットをしている方にとっては、干し柿のカロリーがどのくらいあるのか、気になりますね。

そこで、干し柿のカロリーがどのくらいあるのか、干し柿の栄養やどんな効能があるのかを調べてみました。

まずは、干し柿のカロリーからみていきましょう。

スポンサードリンク


干し柿のカロリー

干し柿には、しっかり乾燥させて白い粉がふいた干し柿と、半生乾燥させた柔らかくて中がとろっとしているあんぽ柿があるのはご存知でしょう。

それぞれカロリーをまとめてみましたので参考にして下さい。

干し柿100gあたり276キロカロリーでの計算です。

干し柿1個 (32g) 88キロカロリー

あんぽ柿1個(50g)138キロカロリー

生柿は100gあたり60キロカロリーですが、干し柿にすることによって水分が飛ぶため、100gあたりのカロリー数は高くなります。

ご飯1杯分(普通盛)のカロリーが235キロカロリーですので、あんぽ柿を2個食べてしまうとご飯1杯分のカロリーをオーバーしてしまうことになりますので、食べ過ぎには注意してください。

次に、干し柿にはどのような栄養があって、体にどんな効能があるのかをみていきましょう。

スポンサードリンク


干し柿の栄養と効能

干し柿には、食物繊維をはじめ、ビタミンA、マンガン、炭水化物、カリウム、βカロチンなどさまざまな栄養素が含まれており、美容にも効果があるといわれています。

「柿が赤くなると、医者が青くなる」との例え話があるほど、栄養価に優れた食品なんですね。

中でも、ビタミンAは、干し柿にすることによって、生柿の3倍にもなり、抗酸化作用があって、発ガン性物質から体の細胞を守る働きをしてくれます。

干し柿に多く含まれている食物繊維は、腸を正常に整え、コレステロールを吸収して排出してくれる働きがあります。

カリウムは、血液中のナトリウムを排出させ、血圧を下げる働きがあります。

βカロチンは、風邪の予防効果があるといわれています。

ただ、貧血気味の方は、干し柿に含まれているタンニンの作用で鉄分の吸収が妨げられますので、食べ過ぎには注意しましょう。

まとめ

干し柿には、さまざまな栄養素が含まれており、抗酸化作用、整腸作用、血圧を下げる作用、風邪の予防などさまざまな効能が期待できます。

軒下に干し柿をつるしてある光景はよく見かける風物詩ですが、干し柿が体に良いということを昔から知っていた先人の知恵なのかもしれませんね。

ただ、体に良いからといって、食べ過ぎないように注意してください。

特にダイエットをしている方は、カロリー計算をしっかりとして、カロリーをコントロールすることが大切です。

また、あんぽ柿の贈答なども喜ばれますので、親しい方に贈ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


 - 生活