Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

塩が固まる?その理由と防ぐ方法は?

      2016/12/25

塩が固まる?誰でも一度は経験しているのではないでしょうか。

仕方がないので、塩をスプーンで崩して使うという方も多いはずです。

塩を使うたびにスプーンで崩すのは面倒だという方は、塩をいつもサラサラの状態にしておきたいものですね。

では、なぜ塩は固まるのでしょうか。

塩が固まる理由や塩が固まるのを防ぐ方法、固まった塩を戻す方法を紹介いたします。

まずは、塩が固まる理由からみていきましょう。

スポンサードリンク


塩が固まる理由

塩が固まる理由は、ずばり湿気です。

塩の団結という現象をご存知でしょうか。

塩が空気に触れると、空気中の湿気で塩の表面が溶けてきて、飽和塩水ができます。

やがて飽和塩水の水分が飛んで結晶ができ、この結晶同士が固結しあって固まるというのが塩の団結という現象です。

ちょっと難しい概念ですが、塩が固まるのを防ぐには、いかに湿気を避けるかということが大事なんですね。

それでは次に、塩が固まるのを防ぐ方法をみていきましょう。

スポンサードリンク


塩が固まるのを防ぐ方法

塩

塩が固まるのを防ぐ方法は、第一に湿気に触れさせないことです。

塩を一定の温度に保つことが大事ですので、塩を開封したら、密閉された容器に移し替えて、温度の変化が少ない冷暗所や冷蔵庫などで保存するようにしましょう。

冷蔵庫で保存する場合は、取り出したときの急激な温度変化によって、塩の容器の内側が結露する可能性がありますので注意してください。

塩を一定の温度に保つグッズなどもありますので、使ってみるのもいいかもしれません。

【調味料入れ】[ソルト&シュガーさらさらポット]塩・砂糖が固まらない!

また、煎った米を塩の容器に入れておくと、煎った米が湿気を吸い取って、塩が固まるのを防ぎます。

生米では効果がありませんので、必ず生米を煎ってから使ってください。

すでに塩が固まってしまっている場合は、次の方法を試してみてください。

固まった塩を戻す方法

固まった塩を戻す方法は、乾燥させてあげればサラサラの状態になります。

1.固まった塩をフライパンで乾煎りする。
あまり加熱しすぎると、塩が溶けてきますので、様子を見ながら弱火で乾煎りしてください。

2.固まった塩を電子レンジで2~3分チンする。
あまり加熱しすぎると、塩が溶けてきますので、様子を見ながら時間を調節してください。

まとめ

塩が固まる理由や塩が固まるのを防ぐ方法、固まった塩を戻す方法などをみてきましたが、塩は料理には欠かせないものですので、いつもサラサラの状態にしておきたいものですね。

塩は一度固まってしまうと、戻すのに手間がかかりますので、なるべく湿気に触れさせないように、いろいろと工夫してみてください。

スポンサードリンク


 - 生活