Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

ぎっくり腰を英語では?魔女の一撃との関係は?

      2016/12/25

ぎっくり腰ってつらいですよね。

ぎっくり腰になった人でないと、あのつらさはわからないと思います。

ぎっくり腰は、重い物を持ち上げようとした時や、前かがみの姿勢をとって起き上がろうとした時、急に体の向きを変えたりしたときに突然起きてしまいます。

ぎっくり腰とは、誰にでも、突然起こり得るものなのです。

そんな突然起こってくるぎっくり腰を英語では何というのか、よくぎっくり腰が「魔女の一撃」といわれますが、どういうことなのかを調べてみました。

まずは、ぎっくり腰が「魔女の一撃」といわれる由来をみていきましょう。

スポンサードリンク


ぎっくり腰が「魔女の一撃」といわれる由来

ぎっくり腰

よくぎっくり腰が「魔女の一撃」といわれますが、これはドイツ語に由来しています。

ぎっくり腰をドイツ語では、Hexenschuss(魔女の一撃)と呼びます。

Hexenは魔女という意味、Schussが一撃という意味で、そのまま「魔女の一撃」がぎっくり腰になったようです。

この「魔女の一撃」を英語で訳すと、「witch’s shot」になります。

ぎっくり腰というのは、突然何も心当たりなくやってくる腰痛なので、誰かが、魔女がやってきたと比喩したものが広まったものと思われます。

ぎっくり腰が「魔女の一撃」と呼ばれるようになった参考文献を載せておきますね。

Well, it may be sciatica – a medical term often caused by a low-back condition.
Early Germans called sciatica “the witch’s shot” because a sharp pain came on suddenly, perhaps due to a devilish connection.

次にぎっくり腰を英語に訳すとどうなるかみていきましょう。

スポンサードリンク


ぎっくり腰を英語に訳すと

ぎっくり腰を英語に訳すと以下の3つに訳されます。

1.a strained back(ぎっくり腰)

2.slipped disk(椎間板ヘルニア)

3.lumbosacral strain(腰部挫傷、ぎっくり腰)

一般的に多く使われているのは、「a strained back」です。

ちなみに、ぎっくり腰になったは「I’ve strained my back」となります。

まとめ

ぎっくり腰というのは、突然襲ってくるものなので、ドイツでは、「魔女の一撃」と呼ばれていますが、英語ではそれを訳して「witch’s shot」と呼ぶようです。

一般的に、英語では「a strained back」と訳しますが、「witch’s shot」(魔女の一撃)と訳すことによって、ぎっくり腰が魔女の仕業であると比喩したのかもしれませんね。

いずれにしても、普段から注意をして、ぎっくり腰にならないようにしていきたいですね。

スポンサードリンク


 - 生活