Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

すだれとよしずの効果!ベランダにはどっちがいいの?

      2016/12/13

毎日、30度を超える猛暑日がつづいていますが、一日中エアコンをつけっぱなしにしている方も多いと思います。

熱中症対策にはやむをえませんが、環境面、身体的面、経済的な面から考えても、少し考えどころですね。

昔から涼を取るのに、使われてきたのが、すだれとよしずですが、その効果とベランダに取り付ける場合にはどちらがいいのか調べてみました。

まずは、すだれとよしずの効果からみていきましょう。

スポンサードリンク


すだれとよしずの効果

すだれは、細く割った竹を紐で結んで作られています。

一方、よしずは、2、3メートルほどの葦をシュロ糸で結びつなげて作られています。

どちらも、断熱効果や通気効果、目隠し効果があり、インテリア的にも落ち着いた雰囲気をかもしだしてくれます。

一般な家庭では、カーテンをされるところが多いですが、カーテンですと通気効果も薄れ、直接太陽がカーテンに当たることによって、帯びた熱を室内に残してしまいます。

その点、すだれやよしずは、屋外に設置される場合が多いので、室内に余計な熱を入れることはありません。

カーテンが日射熱を40%程度しかカットできないのに対して、すだれやよしずは、 外側に取り付けた場合、約80%の熱を遮断することができるという統計もあるほどです。

また、カーテンは、網戸をふさいだり、風が入ってきても、抵抗となって、通気を妨げてしまいますが、すだれやよしずは、通気効果に優れています。

目隠し効果についても、カーテンに比べて高く、中からは見えても、外からはほとんど見えません。

それでは、ベランダに取り付ける場合、すだれとよしずのどちらがいいのでしょうか。

まずは、すだれをベランダに取り付けた場合を見ていきます。

スポンサードリンク


すだれをベランダに取り付けた場合

すだれ

すだれの取り付け方法として、ベランダの窓の内側に取り付ける方法と、ベランダの窓の外側に取り付ける方法があります。

ベランダの窓の内側に取り付ける場合は、あらかじめカーテンを外した上で、カーテンレールに引っ掛けて吊るすのが一般的です。

この時、カーテンレールの代わりに、突っ張り棒をつかっても構いません。

ベランダの窓の外側に取り付ける場合は、ベランダの軒下につるすか、ベランダのサッシに金具をとりつけて、すだれをつるします。

すだれは、空気の層を利用して熱を通しにくくするので、部屋の中が暑くなりにくいという特徴があります。

ただ注意点としては、外側に取り付けた場合ですと、雨風に晒されて汚れやすく、濡れたままだとカビが生えることがあるので片付ける際には乾燥させる必要があります。

よしずをベランダに取り付けた場合

よしず

よしずは、ベランダの壁に立てかけるだけなので、すだれに比べたら、取り付け方は、簡単です。

また、すだれに比べ、よしずは大きいので、窓辺だけでなく、ベランダの壁に当たる日射も遮り、断熱効果も高まります。

よしずの最大の特徴は、水をかけて使うことができることです。

よしずは、適度に水を吸い取ることができるため、水が蒸発することによっておこる気化熱で、外気より2、3度涼しい風を入れることができます。

まとめ

すだれとよしずの効果や、ベランダに取り付けた場合の違いなどを見てきましたが、ベランダに取り付ける場合に、どちらが良いのかを判断するのは、使いやすさであったり、その家々に合った見た目などを考慮して、選んだほうがよいと思います。

ベランダの窓の内側に取り付ける場合は、すだれが効果的ですし、ベランダの窓の外側に取り付ける場合は、よしずは、すだれよりも大きいですが、断熱効果、通気効果の面からみても優れているかもしれません。

あとは、ベランダに取り付けた場合にインテリア的にどちらがあっているのかを想像してみるのもよいかもしれません。

いずれにしても、この暑い夏を乗り切るために、すこしでも工夫をして、快適な生活を送っていきたいものですね。

スポンサードリンク


 - 生活