Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

朝食抜きと夕食抜き、どっちがダイエットにいいの?

   

1食抜きダイエットをしたい場合、朝食抜きにしたらいいか、夕食抜きにしたらいいか、おおいに悩みますね。

朝食抜きダイエットも夕食抜きダイエットも簡単に始められるんですが、自分の生活や健康に対する影響も考えていかなければなりません。

安易に1食抜きダイエットをしてしまうと、思わぬしっぺ返しがきてしまうからです。

ここでは、朝食抜きダイエット,あるいは、夕食抜きダイエットをした場合の生活や健康に対する影響などをご紹介していきます。

スポンサードリンク


1食抜きダイエットしたいなら夕食抜きの方がいい、朝食抜きは体に悪い。

1食抜きダイエットをしたい場合、朝食抜きよりは、夕食抜きの方が自分の生活や健康に対する影響が少ないようです。

なぜ、夕食抜きダイエットの方がよいのでしょうか。

朝食抜きダイエットが及ぼす影響、夕食抜きダイエットが及ぼす影響、両方の観点からみていきましょう。

■朝食抜きダイエットが及ぼす影響

朝食抜きダイエットは、朝忙しい方にとっては、取り組みやすく、人気があるダイエット法です。

しかし、簡単に取り組める反面、思わぬ落とし穴もあるので気をつけなければなりません。

朝食抜きダイエットが生活や健康に及ぼす影響をみていきましょう。

朝食は、人間が生活していく上でとても大事です。

朝食をしっかり摂ることによって、午前中の仕事がはかどったり、勉強にも集中できたりします。

逆に、朝食抜きの場合は、頭がぼっとして、午前中の仕事に集中できなかったり、勉強がはかどらない場合がありますので注意しましょう。

また、朝食抜きダイエットは健康に悪い影響を及ぼしかねません。

① 朝食抜きは、かえって太りやすくなってしまう。

朝は低血糖になる場合が多く、朝食を取らずに昼食をとったとき、血糖値が急激に上がってしまいます。

血糖値が急激に上がってしまうので、大量のインスリンが分泌されてしまうことになります。

インスリンには脂肪を合成する働きがあるので、かえって太りやすくなってしまうんですね。

また、朝は低体温になる場合が多く、朝食を摂ることによって体温を上げ、体の中のエネルギーを消費します。

朝食を抜いてしまうと、体温をあげることができないため、体の中のエネルギーが消費されず、脂肪をためこみやすくなります。

② 朝食抜きは、筋肉を減らしてしまう。

朝食を摂らなければ、当然、前日の夕食から昼食までの空腹時間が長くなります。

空腹時間が長くなれば、脳に十分な糖分を送ることができません。

そうなると、肝臓に蓄えられたグリコーゲンがエネルギーとして使われだします。

肝臓に蓄えられているグリコーゲンがなくなってくると、今度は、筋肉がエネルギーとして使われだします。

朝食抜きは、筋肉を減らしてしまうことになってしまうのです。

③ 朝食抜きは、脳出血や糖尿病などの病気を引き起こす危険性があります。

スポンサードリンク


■夕食抜きダイエットが及ぼす影響

夕食抜きダイエットが生活や健康に及ぼす影響はあまり見当たりません。

強いてあげれば、夕食の団欒の楽しみがなくなることと、夜、空腹でなかなか眠れなくなる場合があるということではないでしょうか。

逆に、夕食抜きダイエットのメリットのほうが多いようです。

① 食べたものが脂肪に変わるのは睡眠中なので、夕食抜きはダイエットによい。

② 夕食抜きにすることによって、次の朝まで18時間以上、空腹時間ができるので、胃腸を休めることができる。

③ 夕食抜きにすると、体の回復力が高まります。

夕食抜きにすると、寝る時には胃の中がからっぽになります。

胃の中がからっぽになると、脳も胃も全て休んでいる状態になります。

消化吸収にエネルギーを使わなくなるため、体の回復力が高まります。

まとめ

1食抜きダイエットをしたい場合、朝食抜きよりは、夕食抜きの方がよいということがお分かりになりましたでしょうか。

朝食抜きダイエットは、自分の生活や健康に悪い影響を及ぼしかねません。

逆に、夕食抜きダイエットはメリットの方が多いようです。

3食のうち1食を抜くというダイエット法は、必要に迫られれば、短期間やってみるのも有効です。

しかし、バランスの良い食事を3食摂って、運動を適度にしながら、規則正しい生活を送るほうが健康的なのではないでしょうか。

スポンサードリンク


 - 健康, 美容