Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

チョコレートが賞味期限切れ!いつまでなら食べられる?

   

冷蔵庫の中にチョコレートが眠っていませんか。

ついついチョコレートを買いだめしてしまって、冷蔵庫に入れたままという方が以外に多いものです。

冷蔵庫の中を整理していて、出てきたチョコレートが運悪く賞味期限切れということも。

賞味期限切れのチョコレートを捨ててしまうのももったいないし、いつまでなら食べられるものなのでしょうか。

ここでは、賞味期限切れのチョコレートがいつまでなら食べられるのか、また、チョコレートの保存法なども調べてみました。

スポンサードリンク


チョコレートが賞味期限切れ!いつまでなら食べられる?

どんな食べ物でも、賞味期限内には食べたいものですが、ついうっかりして賞味期限切れというのもしばしばです。

この賞味期限というのも、「未開封の状態でおいしくいただける期間」という目安で、賞味期限切れといっても、食べられなくなるというわけではありません。

チョコレートの賞味期限は、長いもので1年以上、短いもので半年のものが多いようです。

ただし、生クリームなどの生ものが入っているチョコレートは、賞味期限も短めに設定されています。

一般的に、チョコレートが賞味期限切れになっても、腐ることがないようですね。

これは、チョコレートの中に、ほとんど水分が含まれていないからなんです。

ただ、先ほど述べたように、生ものが入っているチョコレートは、賞味期限切れになっても放っておくと、すぐに腐りますので注意してください。

それでは、チョコレートが賞味期限切れの場合、いつまでなら食べられるのでしょうか。

板チョコレートなど、水分がほとんどないチョコレートは、賞味期限切れから約1年半持つようです。

また、生クリームなどが入っているチョコレートは、賞味期限切れから1~2日ですので、早めに食べるようにしましょう。

これは、あくまでも目安ですので、少しでも異常を感じたら、もったいなくてもあきらめるしかありません。

スポンサードリンク


チョコレートの表面が白いのはなぜ?

チョコレートの表面が白いのを見たことはありませんか。

チョコレートの表面が白いのは、プルーム現象といって、特に食べても問題ありませんが、風味が損なわれています。

チョコレートには、ココアバターが入っていて、28℃前後になると、このココアバターが溶けだしていきます。

夏などには、室内の温度が上がりやすいので、ココアバターが溶けだして、チョコレートの表面に浮き出てしまうんですね。

さらに、室内の温度が下がってくると、溶け出したココアバターの成分が固まって、チョコレートの表面が白くなるということなんです。

ですから、夏などには、チョコレートを冷蔵庫などで保存するようにしましょう。

チョコレートの保存方法

最後に、できるだけチョコレートをおいしくいただくための保存法をご紹介しましょう。

チョコレートを保存するときに、一番最適な温度は15~22℃といわれています。

この温度以下でも、この温度以上でも、チョコレートの風味が損なわれてしまいますので、温度にはくれぐれも注意しましょう。

また、湿気が少なく、日の当たらない場所に保存するようにしてください。

冬場などは常温保存で構いませんが、特に気温が高くなる夏場は、冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。

冷蔵庫で保存するときに注意したいのが臭いです。

チョコレートは、冷蔵庫の嫌な臭いを吸収しやすいので、密閉容器などに入れて保存してください。

冷えたチョコレートが食べたいからといって、冷凍庫でチョコレートを保存する方をよく見かけます。

チョコレートを冷凍保存すると、脂肪分が固まってしまって、食感や風味が落ちますので避けたほうがいいでしょう。

まとめ

ついつい見つけたチョコレートが賞味期限切れなんてことは、誰にでもあることです。

チョコレートが賞味期限切れだからといって、捨ててしまうのはもったいないことですものね。

チョコレートが賞味期限切れだった場合、板チョコレートだと1年半、生チョコレートだと1~2日が目安です。

これは、あくまでも目安ですので、見た目や臭いなどの異常を感じた場合は、もったいなくても捨てるようにしましょう。

スポンサードリンク


 - 生活