Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

紙魚(シミ)にラベンダーを使った予防法!

   

害虫の1種である紙魚(シミ)。

家の中で見かけたら、ただちに駆除するとともに、紙魚が家の中に入ってこないように予防することが大切です。

ここでは、ラベンダーを使った紙魚予防法を見てまいりましょう。

スポンサードリンク


ラベンダーを使った紙魚予防法!

ラベンダーはハーブの一種で、リラックス効果があり、アロマテラピーにもよく用いられていることは、ご存じだと思います。

ラベンダーは大変いい香りがしますので、私たちの心を癒してくれるんですが、このラベンダーの香りこそが、紙魚にとっては、大の苦手なんです。

ラベンダーには、抗菌・殺菌作用もありますので、紙魚が苦手とする所以なんですね。

紙魚を家の中で1匹でも見かけたら、まずは直ちに駆除してください。

紙魚が苦手だという方は、ハエたたきでたたくもよし、掃除機で吸い込むもよし。

ついでに、家の中を徹底的に掃除しちゃいましょう。

紙魚は、ほこりや湿気を好みますので、常に家の中をきれいにしておくことが紙魚予防につながりますので。

家の中がきれいになったら、気になる場所に、ラベンダーで作ったスプレーを吹きかけておきましょう。

とにかく紙魚が家の中に入ってこないように、玄関の隙間とか、サッシの隙間等に、紙魚が苦手なラベンダーの香りを漂わせることがポイントです。

スポンサードリンク


ラベンダーの紙魚よけスプレーの作り方

次に、ラベンダーの紙魚よけスプレーの作り方をご紹介します。

まずは、準備するものです。

・ラベンダーのエッセンシャルオイル(3~5滴)
・無水エタノール(5ml)
・精製水(45ml)
・スプレー容器

①まずは、空いている容器に無水エタノール(5ml)を入れます。
②次に、ラベンダーのエッセンシャルオイルを3~5滴加えて、よくかき混ぜて下さい。
③最後に精製水(45ml)を加えます。
④出来上がったものを、容器からスプレー容器に移して、よく振れば、ラベンダーの紙魚よけスプレーの完成です。

そもそも紙魚とは?

ここで、紙魚について詳しく見ていきましょう。

まずは名前の由来なんですが、これは、紙魚が本などの紙を食べる特徴があって、魚のように動きが素早くクネクネしているところからきているようです。

紙魚の体長は数ミリから1センチほどの大きさがあって、紙魚の寿命は7~8年というから驚きですね。

紙魚は、埃が多い場所や、湿気があるところをよく好み、暗いところが大好きで、夜行性の害虫です。

特に、湿気が多い夏場は、繁殖しやすいので、1匹でもみかけたらすぐに駆除しましょう。

紙魚が厄介なところは、本だけではなく、米や服なども好物だということです。

米櫃の中への侵入を防いだり、洋服ダンスの中の湿気がこもらないように注意してください。

また、紙魚はハーブが苦手ですので、ラベンダーなどを使うと予防になります。

紙魚の駆除の方法は?

今までは、ラベンダーを使った紙魚の予防法を見てきました。

最後に、紙魚を発見した時の駆除の方法を見てみましょう。

紙魚は繁殖力が非常に強いので、1匹でも見つけたら、他にも数匹、物陰に潜んでいる可能性が大変高いと考えてください。

そこで、紙魚の駆除に有効なのが、バルサンなどの煙霧性の殺虫剤です。

家の中の隅々まで、殺虫成分がいきわたりますので、紙魚もたちどころに駆除できます。

家の中でペットを飼っている方や小さなお子さんがいる方は、スプレー式の殺虫剤を使うといいでしょう。

紙魚が潜んでいそうな場所に直接、スプレー式の殺虫剤を吹きかけてください。

まとめ

紙魚は夜行性の害虫ですので、夜眠っている間に、布団の中にでも入ってこられたら、えらいことになります。

紙魚を1匹でも見かけたら、直ちに駆除するとともに、紙魚が家の中に入ってこないようにラベンダーなどのハーブを使って、予防することが大切です。

一番の紙魚予防策は、常日頃から、家の中をきれいにしておくことが大事なのかもしれませんね。

スポンサードリンク


 - 生活