Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

足のむくみをとるソックスでおすすめは?選ぶ時のポイントや注意点は?

   

足のむくみって、つらいですよね。

立ちっぱなしで仕事をしている方や、デスクワークが多い方は特に足のむくみに悩まされます。

そんな足のむくみを何とかしたいと思っていませんか。

足のむくみをとるのにソックスがいいと聞いて、探している方も多いはずです。

実は、足のむくみをとるソックスでおすすめなのが着圧ソックスなんです。

ここでは、足のむくみをとるソックスでおすすめな着圧ソックスについて紹介していきますね。

あわせて着圧ソックスを選ぶ時のポイントや注意点なども紹介していきます。

スポンサードリンク


足のむくみをとるソックスでおすすめは着圧ソックス!

着圧ソックスは、もともと、足の静脈瘤や血栓予防として、病院などで使われていたソックスなんです。

入院している方で、体をあまり動かすことができない方が着圧ソックスをしているのを見かけたことはありませんか。

これは、足に程よい圧力をかけることによって、血液の流れを良くして、静脈瘤や血栓の予防をしているわけなんです。

長時間体を動かしていないと、どうしても足がうっ血してしまいますからね。

もともと医療の現場で使われていた着圧ソックスが足のむくみをとるのにも効果があることがわかってきました。

足のむくみって、足の血行が悪くなった結果、血管から染み出た水分が皮膚の下に溜まることによって起きてしまうんです。

着圧ソックスで足にほど良い圧力をかけることによって、血行を促進して、足のむくみを解消しようというものなんですね。

スポンサードリンク


着圧ソックスはいろいろあるけどどれがおすすめなの?

着圧ソックスが足のむくみをとるのにおすすめなソックスであることがお分かりいただけましたか。

でも着圧ソックスって、種類がいっぱいあって、どれを選んだらいいか悩む方も多いはずです。

着圧ソックスを選ぶ基準は、まず自分の足のむくみの状態にあったものを選ぶことが肝心です。

足のむくみが軽い方は弱めの着圧ソックス、足のむくみが酷い方は強めの着圧ソックスを選びましょう。

着圧ソックスの強弱は、mmHg、または、hPaという単位で表しますが、次の基準を参考にしてみてください。

・極弱圧・・・10~15mmHg
・弱圧 ・・・15~20mmHg
・中圧 ・・・20~30mmHg
・強圧 ・・・30~40mmHg

(単位がhPaの場合は、1mmHg=1.333hPa)

着圧ソックスを販売しているメーカーは、メディキュット、スリムウォーク、アルコスなどが有名です。

なかでも看護師の間や医療の現場で評判がいいのが、アルコスのリカバリーソックスなんです。

アルコスのリカバリーソックスはこちらから

アルコスのリカバリーソックスは、耐久性は抜群なんですが、ちょっと値段が高いのが難点ですね。

ただ、洗濯しても伸び縮みせず、毎日履いても6か月は性能を保証してくれるようなんです。

せっかく着圧ソックスを高いお金を出して買ったのに、洗濯したらすぐに使い物にならなくなったら嫌ですものね。

着圧ソックスを使うときの注意点

着圧ソックスは足のむくみを取るのにおすすめとはいえ、ちゃんと使わないと逆効果になる場合があります。

着圧ソックスを使うときの注意点をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

・着圧ソックスをずっと履き続けるのは、かえって逆効果なので、めりはりをもって履くようにしましょう。
・着圧ソックスは、自分の足に合ったものを選びましょう。
・着圧ソックスを寝るときに使う場合は、圧力が弱めのものを使いましょう。
・着圧ソックスを長時間使用して、皮膚がかぶれてきたら、中止しましょう。
・着圧ソックスを履くときは、足首からちゃんと足に合わせて履くようにしましょう。
・つま先を包み込む着圧ソックスを履く場合は、巻き爪の方は注意しましょう。
・閉塞性動脈硬化症やバージャー病、糖尿病をお持ちの方は、医師に相談してから使用しましょう。
・着圧ソックスの締め付けで足が痛くなったり、皮膚のトラブルなど足に異常が出て来たら、中止しましょう。

まとめ

足のむくみをとるソックスでおすすめの着圧ソックスいかがでしたか。

着圧ソックスは足のむくみをとるばかりでなく、足を細くすっきり保ちたいという女性のニーズにマッチしたソックスです。

ただ、美容に良いからと言って、着圧ソックスの使用法を誤ると意外なトラブルも起きますので、くれぐれも注意してお使いくださいね。

スポンサードリンク


 - 健康, 美容