Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

寝ながらあくびをする赤ちゃんは大丈夫?

   

寝ながらあくびをする赤ちゃん、ちょっと心配ですね。

あくびって、起きている時にするものと思っているお母さんも多いはずです。

実は、あくびは寝ながらでも出てしまうものなのです。

ここでは、寝ながらあくびをする赤ちゃんって大丈夫なのかどうかを調べてみました。

スポンサードリンク


寝ながらあくびをする赤ちゃんは大丈夫?

睡眠には、浅い眠りのノンレム睡眠と深い眠りのレム睡眠があるのをご存知ですか。

ノンレム睡眠は体は休んでいるが脳は活動している状態。

一方、レム睡眠は、体も脳も休んでいる状態です。

寝ているときは、このノンレム睡眠とレム睡眠が交互に起きるんですが、寝ながらあくびはまさに脳が活動しているノンレム睡眠の時に起こるといわれているんです。

寝ていても脳は活動しているわけですから、起きている時と同じしぐさをしても何らおかしくないということなんですね。

寝ながらあくびをする赤ちゃんもまさにこれと同じことが言えるんです。

赤ちゃんって、体の機能がまだまだ発展途上なので、必要な酸素をうまく脳に送ることができません。

寝ながらあくびをすることによって、不足した酸素を脳に送っているんですね。

ですから、寝ながらあくびをする赤ちゃんは特に心配なさそうです。

ただし、寝ながらあくびは、熱中症にかかっている時にも起きるといわれています。

赤ちゃんの体温が上昇していないか、顔に火照りがないかどうか、注意深く観察してあげることが大事です。

もし赤ちゃんが熱中症にかかってしまった場合は、室内の温度を下げて、水分を補給してあげましょう。

スポンサードリンク


寝ながらあくびをする大人の方は大丈夫?

寝ながらあくびをする赤ちゃんは熱中症以外は、特に心配はなさそうです。

一方、寝ながらあくびをする大人の方は大丈夫でしょうか。

あまり大人の方が、寝ながらあくびをする光景を見たことがありませんので、逆に心配になってきます。

寝ながらあくびも普通のあくびであれば心配ないのですが、いわゆる生あくびの場合は隠された病気があるといわれています。

あくびと生あくびの違いを見分けるのは難しいんですが、生あくびだった場合、どんな隠された病気があるかあげてみましょう。

・脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍、脳炎、片頭痛などの脳の病気。
・心筋梗塞、心不全などの心臓の病気。
・低血圧、低血糖。
・睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を患っている。
・熱中症にかかっている。

大人の方が寝ながらあくびをしていた場合、以上にあげた病気をしていないかどうか注意深く観察してください。

あくびが出る原因は?

あくびが出る原因はまだまだ解明されていないようですが、いろいろな説があるようです。

・脳を刺激するためにあくびが出る。

脳の働きが鈍くなってくると、眠気を催したり、退屈になってきます。
そんな時に、あくびをすることによって、脳に新しい酸素を送り、脳を刺激するといわれています。

・体温を調節するためにあくびをする。

脳はエネルギーの消費量が最も多く、たくさんの熱を放出しています。
あくびをすることによって、オーバーヒートした脳を冷やして、体温を調節するといわれています。

・緊張を緩めるためにあくびをする。

このほかにも、家族など親しい人があくびをした場合でも、あくびは伝染するという説があるようです。

まとめ

寝ながらあくびでも、普通のあくびであれば心配ないのですが、いわゆる生あくびであればちょっと心配です。

赤ちゃんであれ、大人の方であれ、寝ながらあくびをしていた場合は、よく観察してあげることが大事になります。

熱中症になっていないか、隠された病気はないかどうか、注意深く観察してあげてください。

ただのあくびであっても侮ることがないようにしていきたいものですね。

スポンサードリンク


 - 健康, 生活