Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

LED電球の寿命は何年?保証はどうなってるの?

   

LED電球の寿命は長くて、しかも省エネということで採用されている方も多いはずです。

せっかくLED電球を採用したものの、1年で点灯しなくなったり、2~3年で点灯しなくなったというトラブルも多いようですね。

いったい、LED電球の寿命って何年なんでしょうか。

また、LED電球の寿命を早くする原因や、寿命が短い場合の保証がどうなっているのか調べてみました。

スポンサードリンク


LED電球の寿命は何年?

LED電球の寿命は、日本照明器具工業会が定義しているようです。

それによると、LED電球の寿命は、買った当初の明るさに対して、明るさが70%以下になったら寿命がきたというものです。

LED電球の各メーカーは、動作試験を繰り返した結果、明るさが70%以下になる使用時間を40、000時間として販売しているようです。

したがって、LED電球を1日10時間使用した場合、LED電球の寿命は10年ということになります。

ちなみに、白熱球の寿命は約3、000時間なので、1日10時間使用した場合0.8年。

蛍光灯の寿命は約6、000~12、000時間なので、1日10時間使用した場合1.6~3.2年になります。

実際には1日10時間も使用しないでしょうから、それぞれの寿命はもっと延びるはずですね。

LED電球の寿命は、白熱球や蛍光灯の寿命に比べてずっと長いし、しかも省エネですので、LED電球を選びたくなるのも無理はありません。

スポンサードリンク


LED電球の寿命を早くする原因

LED電球は、中を分解してみるとわかりますが、LED素子部と電気を送る電源回路部で構成されています。

この電源回路部には電解コンデンサーという部品が使われていて、めっぽう熱に弱いんですね。

ですから、どのメーカーもこの電源回路部に熱がこもらないようにしのぎを削るわけです。

LED電球に電気を通した場合、電気の30%が光となって発散されますが、残りの70%は熱になってしまうというから驚きですね。

いかにLED電球の内部(電源回路部)に熱がこもらないようにするかが寿命を長くするカギとなるんです。

使用環境によっては、電解コンデンサーがこもった熱で破損し、LED電球の寿命を早くする原因にもなりかねません。

また、LED電球の電源回路部は湿気にも弱いので湿気がこもらないように気を付けましょう。

もう一度、LED電球を使っている部屋を温度や湿度の面から、総点検してみてはいかがでしょうか。

その他、LED電球を選ぶ際にも、調光器対応のものや、密閉器具対応のもの、防湿器具対応のものがありますので、正しいLED電球を選ぶようにしましょう。

正しいLED電球を選ばないと、寿命を短くする原因にもなりかねませんので、くれぐれも注意しましょう。

LED電球の寿命が短い場合の保証はあるの?

せっかく10年は長持ちするとうたっておきながら、すぐに点灯しなくなってはたまりませんよね。

果たして、LED電球の寿命が短い場合の保証はあるのでしょうか。

LED電球が販売された当初は、ほとんどのメーカーは保証を付けていなかったようです。

しかし、あまりにもLED電球の寿命が短いというトラブルが報告されるようになってから、メーカーも考えたようですね。

他のメーカーとの差別化を図るために、パナソニックやアイリスオーヤマなどは、LED電球に5年保証を付けるようになりました。

LED電球を購入する場合は、メーカー保証が付いているかどうか確認したほうが賢明ですね。

まとめ

LED電球は、白熱球や蛍光灯に比べて、値段は高いんですが、寿命が長くて、省エネというのが売りです。

国としても、省エネを推進していますので、これからもLED電球は普及していくでしょう。

また、LED電球は、光も柔らかく、部屋のインテリアにもマッチして、いい雰囲気を醸し出してくれます。

そんなLED電球だからこそ、メーカーも寿命が短い場合の保証をもっと考えてほしいものです。

自分でも、LED電球のスイッチをこまめに切ったり、使用環境をチェックするなど、寿命を少しでも長くする工夫をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


 - 生活