Topics Now

生活のお役に立つ情報をお届けしていきます。

BSとCSの違いを知ってチャンネル通になろう!

   

BSとCSの違いってご存知ですか。

テレビのリモコンにはBSボタンとCSボタンがついていますが、いちいち違いを気にする方は少ないかもしれません。

かくいう私もそうですが、BSとCSの違いが気になりましたので、調べてみました。

スポンサードリンク


そもそもBS,CSとは?

そもそもBSもCSも人工衛星を介して送受信される衛星放送であることはご存知のとうりです。

BSは放送を目的とした衛星放送であり、「Broadcast Satellite」の略です。

一方、CSは主に企業などを対象とした通信を目的とした通信衛星であり、「Communication Satellite」の略です。

今では、BSもCSも誰でも視聴することが可能となりましたが、その違いを挙げれば、アンテナの違い、番組の違い、料金の違いなどが挙げられます。

それぞれ詳しくみていきましょう。

スポンサードリンク


BSとCSの違い(アンテナ編)

BSもCSも衛星放送なのですが、使用している衛星がそれぞれ違います。

BSは、東経110度の軌道上の衛星を使用しており、それに対応したアンテナが必要になります。

一方、CSは、東経124度と東経128度の軌道上の衛星を使用しており、それに対応したアンテナが必要になります。

現在では、CSも東経110度の受信が可能となりましたので、東経110度対応のBS・CSアンテナがあれば、BSもCSも共通のアンテナで視聴できるようになりました。

BS・CSアンテナを設置する場合は、午後2時から3時の間に日が当たる場所に設置するようにしてください。

衛星放送を受信する方向に何か障害物がある場合は受信できませんので、注意が必要です。

衛星放送が受信できない場合は、フレッツテレビやケーブルテレビ、IP放送などのサービスを利用するのもいいかもしれませんね。

BSとCSの違い(番組編)

BSは高画質のハイビジョン番組を中心に構成されています。

一方、CSはチャンネルが豊富で映画やスポーツなどの専門性が高い番組で構成されています。

一般的にCSはスカパー放送が主流ですが、東経124/128度CSデジタル放送ではスカパープレミアムサービスを展開しています。

スカパー放送が69チャンネルあるのに対して、スカパープレミアムサービスは約260チャンネルもありますので、テレビ好きの方には答えられませんね。

BSとCSの違い(料金編)

BSは無料で視聴できる放送と、受信契約しなければ視聴できない放送に分かれています。

BSの民放各社の放送は無料なのですが、NHKやWOWOW、スターチャンネルは受診料が必要ですので注意してください。

CSは、スカパー放送、あるいはスカパープレミアムサービスとの受診契約が必要となり、いずれも有料です。

まとめ

普段から民放放送だけで十分な方は、BSとCSの違いは興味がないかもしれません。

映画やスポーツが大好きな方は、BSやCSも視聴できれば、趣味の世界も広がるかもしれませんね。

これからBSやCSの視聴を考えている方は、BSとCSの違いを頭に入れて、検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


 - 生活